2018年06月20日

ありがとう

ここ数日、友達の存在のありがたさを実感する日々。

20180530_06.jpg

昨日の夕焼けの名残の中に見えた月。
暗くなる前にと、ぎりぎりの時間での犬の散歩。外にでたら月が見えてた。夜8時半くらいかな。

昨日は日本の友達と話をして、今日はちょっと同期に愚痴ってしまい、友達に甘えてしまった数日。
みんな優しくてありがたい。
1人でいても、ひとりじゃないと思わせてくれる優しさがありがたい。

ついでに、今日は通院で首と肩とコリをほぐしてもらってきたから、体も少し軽い!
近所のコーヒー屋さんのコーヒーも買ってきた。

老後は、「日本で同じところに一緒に住もうよ。」 と昨日の電話で大好きな友達に言われ、そんなことも出来るかもしれないのかな?と考えたら、ちょっとだけ先の不安が和らいだ。しようと思えば、そういう可能性だってないわけではないんだ。でも、それは夫婦単位で私が一人残った場合でしょ。正直 そうあってはほしくないけどね。
だけど、どっちに転んでも、どうにかなるか・・・。なるのか? 私の老後。
おかしな妄想をあれやこれやと心配するくらいなら、彼女と同じケアハウスに行くのも悪くないなって 究極の、だいぶ先の話だけれど、それもいいかもしれないとほわんと考えておくのはいいかも。

いやいやいや!
自分の老後のことを心配していたわけではないんだけれど。
だいぶ本題から話が離れてしまった・・・

いろいろ考えるけどね。
自分のことばかり考えていたらダメだー!

義父母が元気で過ごせますように。
今はそれだけ。
posted by Y at 07:15| 日記 | 更新情報をチェックする