2017年04月12日

人間も動物も

おじいちゃん犬の様子が時々おかしくなる。
自分が自分でないような、何かに怯えているような、心も体もここにあらずみたいな様子をみせることがある。明らかに不安げな表情だし、体もあまり動かそうとしなくなる。ただじっとしている。私のことも わかっているのかわかっていないのか?と思うくらいいつもと違う様子。一言では表現できないけれど、一時的にぼけてしまった という状態なのかもしれない。年がら年中振っているしっぽを丸めてしまって降らなくなると、あ、これは少し変だな と思う。間違いなく何か体のバランスが崩れてる。
最初に見たのは1年くらい前かな。
今のところ数か月に1回くらいだけれど、半日から1日くらい続くことがある。

部屋の隅に行ってじっとしている。呼んでも来ない。
いつもならご飯の時間になると、吠えて催促するくらいなのに、まったく吠えない。
とにかく不安げにじっとしている。
散歩も行かない。ご飯はなんとか食べたけれど、とにかく動きがぎこちなくなる。
昨日1日そうだった。

今日は元に戻った。 と思う。

先日の血液検査では特に大きな問題はなかったけど、少しずつ老いていってることは間違いない。
年も年だし、いろいろ起きても不思議はないけれど、人間も動物も同じだね。
だんだんに老いていくわけだけれど、
自分がわからなくなる としたら、それはかなり不安だと思う。

老いって階段のようにくるでしょ。時々、がくっと一段降りて、そのあとしばらくは平行線みたいな。
できれば段差のあまりない階段をゆーっくり降りていきたいものだけれど。

がんばれ〜!!
posted by Y at 06:18| ねこいぬ | 更新情報をチェックする