2011年11月04日

インプラントその後

日々の暮らしではすっかり忘れていたインプラントですが、かぶせてあるクラウン(インプラントにかぶせた義歯)がわずかだけど動くような気がして歯医者でみてもらったら、インプラント自体は問題なさそうだけど、ねじがゆるんでしまった可能性があるということで、それをチェックしないとならなくなりました。

そうなると、インプラントをした先生のところにまずいって、ねじをしめてもらわないとなりません。本来はそれだけでいいのだけど、私の場合は、去年クラウンの一部を削っているため隣の歯との隙間がやや広くなっていて気になるところがあり、クラウンもこの機に作り直しすることになりました。

ねじのゆるみはわずかと予想され、今の状態はまだ緊急事態という程のものではないけれど、それでも放っておくとねじが折れてしまうこともあるそうです。そうなるととても面倒なことになるみたいなので早めに治しておいたほうが良さそうです。

でも、面倒くさい〜。
posted by Y at 06:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする