2010年12月18日

さよなら 2010

121710.jpg

「今」 友達が2人、重い病気です。
それに関わるいろいろなことで
今年の後半は時々苦しくなりました。

もうすぐ今年が終わるけど、
残りの生きていける時間について
私も色々考えさせられる年になりました。

そういうこと、
つまり、生きている物はいつか死ぬ ということ、
どちらかと言えば、
私はいつもいつも考えているほうで、
わかっていたつもりになってたけど、
やっぱり、
自分にも、まわりの人にも、
まだまだ時間はいっぱいあると思っていたのです。

来年の今日は、
誰にとっても必ず来ると約束されているものではないこと
それをもっともっと現実的に受け入れました。

何か一大事が起きた時の、その人の対応。
そういうことでわかる、人とのつながり。
何が正しいとか、何が一番の方法だとか、
そういう答えは絶対にでません。
だけど、
なにかしら、自分の道の進み方に自信が持てないと
おろおろと迷うばっかり。

人生の後半を心穏やかにいくには、
体の強さもあるけど、心の強さが絶対に必要。

例え、とても落ち込む時があっても、
日々をなるべく明るく過ごすべきなんだろうなというのが結論です。

わかってても、
それが、簡単にできないから
時々苦しくなるけれど。

人間も、動物も、すべて、
個々の命の儚さを思うと、
きらきら輝く時は、ほんとうに一瞬で、
マイナスの変化も
ひとつひとつ受け入れていかなければ
最後まで生きていけないです。

やっぱり
年をとらないとわからないことがたくさんあって
どんな事も、
自分の身に起きなければ、
どこか他人事であるかもしれないです。

まだまだ、
この先も生きていればいろいろやってくる・・・
当たり前だけど。

世の中捨てたものじゃない とも思うのだけれど
悲しいんです。時々。何もかも。

とりあえず
どうにもならないことは、あまり考え込まず
前向きに行こう!
・・・と、自分に言い聞かせて、
また来年だ〜!


今年もここをのぞいてくださった皆さん
ありがとうございました。
健康でいてください、みんな みんな。
posted by Y at 07:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする