2010年03月31日

今の時代の家探し

以前の家探しは、
不動産やさんに希望を伝え
いくつもの家を見てまわるものだった。

実際に行ってみて、
あーこれは全くだめだ〜と
無駄足を踏むのも当然だった。

でも今は違う。
最初の段階でかなり絞れる。

個人の検索でも、希望のエリア、希望の値段、間取り、部屋数などフィルターにかけられるし、物件自体は、写真はもちろん、360°パノラマで見ることができたりする。それに加え、その周辺の環境、近隣の家が最近いくらで売れたかなどの情報さへも簡単に知ることができる。
マップやストリートビューで、家のまわりの様子も居ながらにしてわかるから、よほど気に入ったものでない限り、足を運んでわざわざ遠くまで見に行く必要はなくなった。

さらに 今回の家探しで役にたったのは、いくつかの不動産会社が出しているiPhoneのアプリケーション。外出時でも物件の情報を見られるし、GPSで物件の位置をすばやく知ることができるのでオープンハウスに出かけても、迷わなくてすんだ。

今住んでいる家を買うときは、
こんなふうではなかったなぁ〜。

もう 20年近く前の話だけど
何十軒も見に行ったし、
なかなか希望のものに巡り合えなかった。

不動産を仲介する人も、
仕事の形がだいぶ変わってきているかも。

今回は、
諸事情のタイミングがいろいろうまく合って
引越し先を決めるのに時間がかからなかった。

大きな決断をしないといけない事も、
時に、時間があまりかからず決まることがある。

決まるときはあっという間に決まってしまう。
これって、結婚とかも同じ かと思う。

ぜったいに
タイミング ってあると思うな。

何にせよ、結果オーライ!
posted by Y at 05:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする